あご削りは評判の高い美容外科で行おう!手術の流れなどを解説

美容外科でのあご削りで理想の自分に変身しよう

パソコンを操作する

自分の顔にコンプレックスを持ち、欠点をなくしてキレイを手に入れようと努力する女性は数多くいるのではないでしょうか。しかし、顔についた余分な脂肪や贅肉は落とせたとしても、顔の骨格まで変えることは困難です。顔の輪郭を骨格から整えることで理想の顔へと近づくことができますが、一体どうすればそのような理想を手に入れることができるのでしょうか。例えば、長いあごや突き出したあごの場合、顔のバランスを崩していたり、口を尖らせているかのように見えたりします。それらを解消するには、美容外科でのあご削りが安心の治療法としておすすめできます。あご削りには各種治療方法があるのですが、あごの先端部分を削る方法や中央部分を削る方法がメインとなっています。もちろん患者さんの骨格のタイプに合わせて治療法は変わってきますが、いずれにせよカウンセリングを重ね、経験豊富な専門医によりあご削りは行われます。自己流でのフェイスマッサージや、骨格矯正の施術では手に入れられない理想的なあごのラインも、あご削りでなら実現することが可能になります。口の中から施錠を行うため、顔に傷が残ることはありませんし、半永久的に小顔を保つことができるようになるのです。あなたも理想の自分に変身してみませんか?

美容外科でおこなわれるあご削りの大まかな流れを知ろう

あご削りというとちょっと怖いイメージかもしれませんが、美容外科でおこなわれる手術のひとつです。顔の輪郭は骨格によって決まりますので、あごが長い、しゃくれているといった悩みは、骨格を変えることで解消できることがあります。メイクなどで工夫するのもひとつの方法ですが、根本から変えてしまうのが近道です。
クリニックであご削りをおこなう際の流れを説明します。まずはカウンセリングで希望を伝え、自分に合った手術方法を決めましょう。クリニックによって手法や使用する器具も異なります。
また、術前の検査も必要です。全身麻酔による手術になりますので心電図や、レントゲン撮影などもおこないます。ここで撮影したレントゲン写真をもとに、最終的にどの程度あご削りをおこなうかを決定します。
手術時間は一般的には約2時間ほどといわれています。麻酔が切れてから数時間で帰宅できることがほとんどです。
術後の傷跡ですが、口腔内から切開しますので外からは見えません。また、腫れは個人差はありますが、数週間でひくでしょう。
手術までの流れやその後の通院については、クリニックによって方針は異なりますが、多くのクリニックがネット上に掲載していますので、事前に確認することができます。

美容外科のあご削りはどんな手術なのか

顔を小さくしたい人達に人気になっているのがあご削りです。あごの骨を削ったり、切り取ったりする手術法で小顔効果が期待できます。あご削りにはいくつか種類がありますが、主に2つの方法であごを短くすることができます。最も標準的なのが、あごの中間部分を切り取る方法です。出っ張っているあごの中間部分を数ミリ切り抜いて、固定することであごを短くしていきます。全身麻酔で行われる手術で、時間は2時間程度かかります。

次に多く行われているのが、あごの先端を削る方法です。あごの先だけを削る手術で骨を切り抜く必要はないので、あご削りの中でも手軽な手術として人気があります。部分麻酔で手術できるというのもポイントです。しかし、あごの先端を削る方法は削る長さにある程度制限があります。自分がどの程度あごを短くしたいのかに合わせて、最適な手術方法を選択しなければなりません。美容外科の医師と相談しながら、自分に合った方法であご削りを行うようにしましょう。あご削りは顔を小さくしたいけれど、自分ではどうしようもない時におすすめの手術です。生まれつきあごが出っ張っている人、小顔効果があると言われるマッサージを試しても改善しない人は、あご削りで小顔になれるかどうか美容外科に相談してみてください。

そこであご削りのことについて相談したいのなら【コムロ美容外科】のサイトをご覧ください。ここにはあご削りについてのことや費用が細かく記載されているため、分かりやすく便利です。

PRESS RELEASE

UPDATE ARTICLE